忍者ブログ

ポレポレ

非定形自閉症の長男とADHD傾向のある次男の話。主に母の愚痴。
2017
10,18

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013
10,05
長男の話。

先日通級のグループ学習がありました。
同学年の子が数人集まって、ティーボールしたりインタビューしたり。
長男は緊張していたようですが、積極的に話しかけてくれる子がいて、思っていたより馴染めていました。

気になったのはティーボールでバッターをやった時。
ティーボールというのは、ゴルフみたいにティーに乗せたボールを打つ野球です。
つまり打つのは自分のタイミングでできるわけなのですが。
長男は突然「5!226!35!」などと変なカウントダウンを始めたのです。
長男的には「敵を撹乱してやったぜ!!作戦成功!」とご満悦なのですが。
周りから見たら「時間ないんだから、早く打てよ!」という心境です。

普段通級でドッジボールをする時も似たようなことがありました。
ボールを投げようとして止めるというフェイントを、何度も何度もやるのです。
先生もそこは気になったようで、今日はそれに絡んだ課題がありました。

課題の内容と意図については私はプリントでもらったのですが「このプリントは長男くんには見せないでください」と朱書きしてありました。
長男がやっていたフェイントを入れすぎるというのをサッカーでやってしまった男の子のお話を渡されました。

もし長男が「これは自分のことだ」と気づいたら、気づいたことを褒め、改めて振り返ってみるということでした。
そして、もし気づかなかった場合は、長男がモデルとなっていることは伏せておき、今後また同じようなことがあった時に「あのお話の子と同じになってるよ」と気づかせる材料にするということでした。

長男がお話を音読して、先生からの質問にいくつか答えます。
私はそれをモニターで見ていて、どんな結果になるのか、ものすごくドキドキしていました。
「どんなアドバイスをしてあげる?」という質問には「フェイントを一回にするか、相手に取られないようなシュートを打てるように練習すればいい」とのことでした。

最後の質問は「最近似たようなことあった?」でした。
かなり切り込んだ質問です。
私もかなりドキドキして見守りました。
しかし長男の答えは「んー、ない!」でした。
気づかなかったのですね。
いや、もしかしたら気づいたけど「あ、いけないことだったんだ!」と思ってしらばっくれたのかもしれません。

どちらにせよ、今回はあくまでもお話しの中のことということにして、その課題は終了になりました。

ちょうどもうすぐドッジボール大会があります。
その練習の時にパスがもらえないとか、もう大会も出たくないとか、長男が先生に愚痴っていました。
先生は例の課題の話をして、大会の時はフェイントはやらない方がいいかもね。とアドバイスしてくれました。
私もそこは密かに心配してたので、先生から言ってもらえて助かりました。

自分では良い!と思ってやってることも、他の人から見たらしつこいと思われてしまうこともあるよ。というお勉強でした。


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

[61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51]


« どんな障害なの?: HOME : いれかわり »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
メールフォーム
最新CM
[10/10 ぽれ]
[10/06 moca]
[10/04 ぽれ]
[10/04 moca]
[06/30 ぽれ]
プロフィール
HN:
ぽれ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
フリーエリア

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]