忍者ブログ

ポレポレ

非定形自閉症の長男とADHD傾向のある次男の話。主に母の愚痴。
2017
10,18

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013
06,17
今日は通級の先生と少し話をすることができました。
次男の担任の先生と電話で話したそうで、色々と行動が遅いことに関して「セオリーでしか話せませんが」と前置きした上でアドバイスいただきました。
その辺りは個人面談のこととあわせてまた別に書きたいと思います。

時間の最後に長男のことも聞いてみました。
ちょうどその日のプログラムに学校のことを先生に話すという課題がありました。
先生が「いっぱい話してくれてありがとう」と言うと、長男は「学校の友達とはあんまり話せない。文句言われるから」と言っていました。
そういう弱味を見せる発言が出てきたので、先生に少し心を開いてきてくれたな~と感じたそうです。

逆に次男はもう少し時間がかかりそうとのこと。
課題で前転をしたのですが、あとで「怖かった?」と聞いてもほぼ無反応だったそう。
時々そういう ことがあるので、時間をかけて付き合っていきたいとのことでした。

親から見た感じでは長男の方が人付き合いが苦手、次男の方が人見知りせずフレンドリーな印象だったので、今回の話はちょっと意外でした。
でも長男に関して言えば、本当はいっぱい話したいんだろうな~と思う場面はちょくちょくあって。
でも話下手だからちゃんと聞いてもらえなかったり、反応が薄かったりするんですよね。
私も適当に聞き流してしまうこともあるし…。
だからこそちゃんと向き合って話を聞いてくれる人には何でも話したくなるのかなと思います。
ちなみに今年の担任の先生にもちょくちょく話に行っているようなので、良かったなと思っています。
去年の担任の先生とは話しづらいと言ってたので。

次男に関しては意外でしたが、でも確かに病院の先生に対しても初めは言葉少なだったなぁと思います。
どうでもいいおしゃべりとか、自分の知識の披露ではたくさんしゃべるのですが。
なにか本人の中で基準があるのでしょうね。


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
メールフォーム
最新CM
[10/10 ぽれ]
[10/06 moca]
[10/04 ぽれ]
[10/04 moca]
[06/30 ぽれ]
プロフィール
HN:
ぽれ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
フリーエリア

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]